歯医者に行こう〜オゾン治療で虫歯ゼロを目指そう〜

白い歯

入れ歯の歴史

注射

皆さんは入れ歯についてご存知だろうか。まだまだ歯医者で入れ歯を付ける人によっては、今まで気にも止めた事がないだろう、ただ歯医者に行くようになって将来入れ歯生活になることを意識することで興味を持つ人も少なくない。
入れ歯の歴史というのをまず調べてみたんですが、遡ると古代エジプトまで遡ります。そこから技術発達と共に入れ歯も進化して現在に至るという感じですが、日本では江戸時代から木床義歯という木製の入れ歯を作っていたようです。現在のような柔らかい原料で作られるようになったのは明治に入ってからで、1977年から樹脂製の物が作られるようになったようです。調べてみて意外と歴史が深いことに驚きました。最新式の物を調べたところ、大々的な変革があったわけでは無く、あくまで既存の素材を使い、より精密性を上げているようです。
確かに使っているうちに歪んできたりすると、その時点で物が噛めなくなりますもんね。だいたいこんな所でしょうか。
最近はIPS細胞も発見されたりと、が高齢になることには、もしかすると入れ歯ではなく、「歯」そのものを作れるようになっているかも知れません。入れ歯をつけるとどうしても不便になってしまうという人もいますが、最近では歯医者でインプラント治療を行うことも可能です。インプラント治療を行うことで、ほとんど自分の歯と変わることない人工歯を取り付けることも可能です。歯医者でのインプラントは人工歯を固定してくれるためほとんど不便に感じることはないでしょう。