歯医者に行こう〜オゾン治療で虫歯ゼロを目指そう〜

白い歯

歯医者での指導

先生

毎日朝晩やっていても、虫歯になったり、歯槽膿漏になったりと、ちゃんと歯磨きやってるのになるのかな~って考えたことないですか。今回は歯磨きの正しいやり方について調べてみました。まず、歯ブラシの持ち方から、どうやらグーで握るよりも、お箸や鉛筆を持つ要領で持つらしいです。逆に強く持ちすぎると、歯茎を傷つけてします恐れがあるので、気をつけてください。次に磨き方です。
特に汚れが溜まりやすいのが歯と歯の間であったり、歯と歯茎の間ということで重点的にその部分を「やさしく」磨く必要があるとのこと。もちろん磨き残しはもってのほかです。あと、どこで調べても歯ブラシは歯に対してナナメ45度が基本だそうですのでご注意を!次に歯ブラシそのものですが、1ヶ月に1回ぐらいは買い替えたほうが良いらしいですね。
どうやら毎日磨いているうちに歯ブラシそのものに歯の汚れが溜まってしまうらしく、これで歯を磨いても意味が無いとのこと。以上になります!
皆さんも歯を適切に磨かないと虫歯や歯槽膿漏で、将来入れ歯を付けるハメになってしまうので、適切に、しっかりと磨いて下さいね。歯医者によっては虫歯を予防するために歯ブラシの方法を教えてくれる歯医者も少なくありません。そのような歯医者だと、メンテナンスも行うため、歯周病の予防にもなります。歯医者に自分にあう歯ブラシを見つけてもらうことも一つの方法です。歯ブラシの方法を把握しましょう。